「高校改革は大学につながるのか」 中教審、中間まとめを議論

未分類
中教審は10月16日、第125回会合を開き、初等中等教育分科会「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」が今月7日に公表した中間まとめ「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して」について、意見交換を行った。委員からは「中間まとめに描かれた高校改革は、本当に大学につながるのか」(橋本幸三京都府教育長)と高大接続改革の再整理を求める意見や、「『令和の日本型学校教育』は、ジョブ型人材を育てる教育になっているのか」(志賀俊之INCJ会長)といった鋭い指摘が相次いだ。

会合では、まず、特別部会の審議経過について、座長を務める荒瀬克己関西国際大学学長補佐が「ポストコロナの段階では、対面指導か遠隔オ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました