プレイ・ドーは楽しみながら子どもの成長を促す粘土!おすすめ6選を紹介!

幼稚園・小学校

1956年にアメリカで生まれたプレイ・ドーは、もともと幼稚園児のために作られた教材用の粘土です。スイーツセット・歯医者さんセットなど、色鮮やかな粘土使ってさまざまな遊びができるプレイ・ドーは粘土遊びの幅を広げ、子どもの発想力を育てます。
安全面でも口に入れて害のない小麦を主成分とするなど、子どもが安心して楽しめる工夫もされており、世界中で愛されています。日本でも1970年ころから販売され、子どものころにプレイ・ドーで遊んだママパパも多いでしょう。バリエーション豊富なプレイ・ドーの特徴と、おすすめの商品を紹介します。
子ども用粘土の種類
プレイ・ドーは小麦を主成分としていますが、子ども用の粘土には小麦以外にもいくつか種類があります。
小麦粘土の特徴を理解するためにも、まずは種類ごとの違いとメリット・デメリットを解説します。
油粘土
乾燥しにくいので硬くなりにくく、長く遊べます。保存が簡単で何度でも繰り返し遊べるので、幼稚園や小学校でも良く使われている粘土です。
油を使っているので、べた付きや独自の臭いがあり、自宅で使う場合は汚れに気を付ける必要があります。
紙粘土
軽いので小さな子でも扱いやすい粘土ですが、一度固まると繰り返し遊べません。固まった後に絵具などで着色できるので、アクセサリー作りなど作った形を保管したい場合に向いています。
小麦粘土
小麦を原料としており、口に入れても安

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました