フライパンの収納ってどうしてる?!引き出し型、扉型、見せる収納までアイディアをご紹介!

幼稚園・小学校
目次フライパンの収納方法を場所別にご紹介!引き出し編|フライパン収納法のおすすめ観音扉編|フライパン収納法のおすすめ見せる収納編|フライパン収納のおすすめフライパンの収納次第で料理がスムーズにフライパンはいつもの朝食用、炒め物ができる大きめ、煮込みまでできる深めなど、調理に合わせて使いやすい大きさのものを買っているとどんどん増えていきますよね。スペースを取るものなので、収納に悩んでいる人も多いはず。HugKumでは、0歳〜12歳のママ・パパたちに、フライパンを効率よく、すっきりと収納できるアイディアをリサーチ。オススメな収納方法をご紹介します。
フライパンの収納方法を場所別にご紹介!
フライパンの収納は、たくさん重ねていると使うものを出す時に他のフライパンを出さないといけなかったり、しまえないサイズのものがいつも出しっぱなしになってしまったり、スムーズに料理が始められない原因にもなってしまうのでストレスになることも。そんな悩みがちなフライパン収納をキッチンのスペース別にご紹介します。
引き出し編|フライパン収納法のおすすめ
シンク下から手前に引き出すタイプの場合、上から俯瞰でよく見えるものの、上部にデッドスペースができがち。ムダなく有効活用できるような収納アイディアが挙がってきました。
ファイルボックスに立てて並べる
フライパンは立てて並べると収納力がぐっとアップし、また取り出す

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました