コロナ下での音楽授業ひとひねり

塾・教職ニュース
コロナ下での学校の新しい生活様式では、一体どんな音楽の授業をしたらいいのだろうという不安の声を多く聞きました。できないことに目を向けていけば不安が大きくなるばかりですが、こんな状況だからこそ、充実させていくことができる活動もあります。

既存の学習活動にとらわれることなく、その活動を通して「何を学ぶのか」「どんな力が育つのか」を考えていくことで、感染症対策をしながらできる学習活動が見えてきます。

監修/文部科学省教科調査官・志民一成

写真AC

感染防止を工夫した歌・器楽演奏

執筆/京都教育大学附属桃山小学校教諭・髙橋詩穂



音楽室で授業を行うために

学校医さんの助言をいただきながら学校独自のガイドラインを作成。入室前後に手洗いを。定期的に、子供が座るカホン(打楽器としても使える椅子)や、ドアノブなど共用する部分の消毒を実施。

子供たちの座っているカホン(箱形の打楽器)も消毒します

歌唱や器楽の学習でのコロナ対策



歌唱はマスクをしながら、リコーダーなどは時間の制限を設け、会話は控えるよう指導し、フェースシールドなどの活用も。リコーダーの水抜きはハンカチなどを当てます。グループで活動を行う場合は、他の教室なども合わせて使ったり、体育館で授業を行ったりして、広く間隔を取ります。家庭学習とも連動して演奏に取り組む時間の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました