小6社会「つながりの深い国々」指導アイデア

塾・教職ニュース
執筆/東京都公立小学校主任教諭・杉本季穂編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登、東京都公立小学校校長・杉渕尚

イラストAC

目標

グローバル化する世界と日本の役割について、外国の人々の生活の様子などに着目して地図帳や地球儀、各種の資料で調べ、ノートやリーフレットなどにまとめます。また、国際交流の果たす役割を考え表現することを通して、我が国と経済や文化などの面でつながりが深い国々の人の生活は多様であること、スポーツや文化などを通して他国と交流し、異なる文化や習慣を尊重し合うことが大切であることを理解できるようにします。

学習の流れ(8時間扱い)

問題をつくる(1時間)

○ 東京オリンピック・パラリンピックの参加国から日本とのつながりを見いだす。

〈学習問題〉日本とつながりの深い国の人々は、どのような生活をしているのだろう。



追究する(4時間)

○ ◇◇(国名など)の小学校の様子は、どのようになっているのかを調べる。○ ◇◇(国名など)には、どのような年中行事やスポーツがあるのかを調べる。○ ◇◇(国名など)の政治や産業は、どのようになっているのかを調べる。



まとめる(3時間)

○ 日本とつながりの深い国の人々は、どのような生活をしているのか、自分の調べたことを基にまとめる。○ 世界の人々と共に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました