高校受験の季節

塾・教職ニュース
お久しぶりです。大仏です。私立推薦試験が1/22に集中して実施されました。コロナの中、生徒も、各高校もそれぞれできる範囲の対策をして望んだ模様。そして次は都立推薦です。今年は実に大変でした。願書を例年は各生徒が持っていくのですが、全て学校で集約です。なぜか都立の願書にはトラップが無数に?仕掛けられています。電話番号の記入を忘れやすそうな場所に設けてあったり、3月末の年齢を書くよう指定されていたり・・例年ならば本人に印鑑を持たせて、出願の際、印鑑をその場で押して修正してもらうのに、今年は学校とからまとめて書留で送るので、教員側で、例年以上にしっかりチェックしておく必要があります。都立推薦の集約と発送でまあ一通りの手順を把握したので、次の一般はもう少しバタバタせずに済むでしょうか。。にしても、ただでさえ迷うであろう出願先。今年は願書の取りまとめもあり、少し早めに声かけをしていますが、ギリギリまで悩みたい子もいるでしょうし、あまり急かさないようにしてあげたいものです。ある子は併願も抑えているのでチャレンジ校、またある子は模擬試験でA判定が出たところ・・など、選び方はそれぞれ。もうこの時期は、ただただ見守ります。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました