母国語以外に語学を学ぶ術

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
google translateをお客様がやり始めた。日本語も流暢でありました。Wi-Fiを切断していたことに気づき、🔛にしたらこの翻訳の機能が発揮された。以前このようなアプリをガラ携帯にあったことを思い出します。今もっと進化されていると感じました。指で書いて、翻訳になる。文章をそのまま読み込みそれを添付したりできるなんて便利でありますが、使いこなせるかが重要になります。仕事でお客様対応、外国の方もいらっしゃいますのでこの機能を使いこなす手はないと思います。母国語以外にいろんな国の挨拶程度は今覚えていく段階で発音が通じたときの笑顔にほっといたします。最近はポルトガル語からヒンズー語ダンニャワードありがとうの1言です。中国の貿易関係の方と話すことに、仕事で取引をしているうちに中国語よりの発音が強くなり、日本語をしゃべるとイントネーションが違う。「息子がいても、跡継ぎはおらんよ!」やはり経営者の方の話し方で語学力と営業力で勝ちとる技みたいなのが少しだけ垣間見れたように感じました。わたしも語学力がアップできるようにIQの高水準であれば記憶なんぞ鬼に金棒なのに。凡人とまりではいやですね。だいたいいわゆIQ高い特徴の方は、何ヶ国も覚えてしまうのが早いらしい。かつて歴史的に300ほどある外国の方がいたらしい。稀のようです。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました