効果が感じられるコミュニケーションスキル集【♯三行教育技術】

塾・教職ニュース
ケンカの仲裁、児童のつながりをつくるための工夫、聞く話すの工夫…子供と先生とのコミュニケーション、子供たち同士が積極的に動きだせるようにする工夫を、#三行教育技術のツイートから集めてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

写真AC


【子供との付き合い方で大切にしている事】①「ほめる」でなく『一緒に喜ぶ』②「叱る」でなく『一緒に悲しむ』③「指導する」でなく『一緒に考える』④「相談に乗る」でなく『一緒に悩む』⑤「楽しそうにする」でなく『一緒に笑う』『一緒に』何かをする#ちょこっとスキル#三行教育技術— トモ@teacher (@tomotomoteacher) August 21, 2020


【どうしたので近づく】明らかにケンカをしている時。①「どうしたの」と近づく。②「ケンカはやめなさい」と近づく。①は、だって…と自分の言い分を話し、お互いの気持ちが伝わる。②は、両方泣くor固まる。事情がわからない。→また同じことが起きる。#三行教育技術— せんちゃんT@プラス思考前進教師 (@senchan2020) July 3, 2020


こんな中でも横のつながり作りたくて、朝の会で【わいわいタイム】を取り入れている。例えば①先生の苦手な虫トップ3を当てて!②タイムマシンが使えたら未来過去どっちにいく?③給食と言えば!!な

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました