「クラスが荒れ、自分も子供に暴言を吐いてしまう」という先生にアドバイス

塾・教職ニュース
独特の実践で子供のやる気を伸ばすカリスマ教師、沼田晶弘先生。 「最近クラスが荒れ気味で、自分の指導も行きすぎてしまったり、子供に暴言を吐いてしまうこともあります。言い過ぎたときは謝ろうと思うのですが、高学年なのでさらに子供が調子に乗って、自分が舐められそうで、素直に謝れません」いう先生の質問に、アドバイスをいただきました。

撮影/下重修

暴言・指導の行き過ぎは悪循環を招く

まず、暴言は吐かないこと。暴言と指導は明らかに違うよね。暴言っていうことは、言葉が暴れちゃっているってことだよね。教師が自分をコントロールできていない状態はまずい。

「子供が荒れているから、つい指導が行き過ぎてしまう」と言っていること自体、間違いだと反省しよう。たとえ子供が荒れても、行き過ぎた指導はよくないからだ。そもそもクラスが荒れている原因の多くは、先生への不信感。だとすれば、先生が暴言を吐いたり、指導が行き過ぎたりしたら悪循環だよね。

子供はなぜ叱られるのか理解していないことも多い

教師が子供を叱るとき、子供自身はなぜ自分たちが叱られているかを分かっていないことが多いということにも気づいたほうがよいだろう。

ボクも子供を叱るとき、途中で、「今、あなたはこのことについて叱られていますよ。分かりますか?」と確認することがある。

例えば、友達同士のトラブルについて叱

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました