「言葉の発達が遅い?」と思ったら… 話し始める時期の目安と語りかけのコツ

幼稚園・小学校
目次子どもが話し始める時期はいつ頃?言葉の発達は「女の子のほうが早い」は本当?健康診査で「言葉が遅い」と判断される子どもの特徴言葉の発達を促す言葉がけとかかわり方子どもが話し始める時期はあくまで目安として子どもの言葉の発達には、個人差があります。しかし、パパ・ママの仕事復帰とともに子どもを保育所に通わせ始めたり、1歳6カ月児の健康診査、3歳児の健康診査に子どもを連れて出掛けたりすると、どうしても周りの子どもとの違いが目立ってきます。「うちの子は言葉の発達が遅いのではないか」と心配になってしまう瞬間もあります。
そこで今回は、過去の研究結果や『0~4歳  わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児』(小学館)などを参考に、子どもが話を始める時期と、その言葉の発達を促す語り掛け育児についてまとめました。
子どもが話し始める時期はいつ頃?
一般的に言って、子どもが話し始める時期と言えば、どのくらいなのでしょうか。まずは性別に関係なく、年齢と言語レベルの発達の大まかな目安をまとめます。
1歳から1歳3か月までに初語が出る
言葉を話すと言っても、レベルはまちまち。ただ、『0~4歳  わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児』(以下『「語りかけ」育児』)によれば、食べ物やおもちゃなど身近な単語になると、1歳の始めに2つか3つ、話せるようになると言います。
さらに1歳2カ月こ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました