小1体育「器械・器具を使っての運動遊び」指導のポイント

塾・教職ニュース
執筆/熊本県公立小学校教諭・渡邉雅貴編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、熊本県公立小学校教頭・村上剛史



授業づくりのポイント

マットを使った運動遊びでは、支持や逆さ姿勢、回転などの運動遊びを楽しく行い、できるようにすることが大切です。これらの動きは、日常生活の中ではなかなか経験することがなく、どのように動けばよいのかでつまずき、運動への意欲がなかなか高まらないことがあります。

本学習では、簡単な運動遊びを多く取り入れ、成功体験を多くし、子どもが夢中になって運動に取り組めるようにしたいものです。そのために、様々な場を設定し、子どもの「やってみたい」という気持ちを引き出します。授業中に子どもの歓声が上がるような魅力的な活動の場を目指しましょう。

単元計画(例)

クリックすると、別ウィンドウで開きます

※単元前半はマットを使った運動遊びの楽しさに触れ、後半は複数のコースに分かれていろいろな運動遊びを楽しむことを想定しています。

楽しむ①「マットを使った運動遊び」を楽しもう

単元前半のここでは、いろいろな方向に転がったり、手や背中で支えたりする基本的な運動に取り組みます。「転がったり支えたりする動きって楽しい!」と子どもが思えるように、場やルールを工夫し、いろいろな動きを楽しめるようにすることが大切です。転がるときに傾斜

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました