(J09) 「忘れっぽい」をなんとかしたい!日常の中でできる記憶術&うっかり対策 (2019.12.9) by キナリオ より抜粋加筆しました。

塾・教職ニュース
⑴ 忘れやすいのはこんな人。「あとで」にしがち「まっ、いいか。いつかやれば」とやるべきことを先延ばしにしていませんか?後回しにすると、結局はそのことに対するヤル気や集中力が減り、記憶そのものが薄れてくるのも時間の問題。⑵ 可視化できない以下の人は物事を曖昧にとらえているために、記憶もぼんやりしてしまうことがあります。①重要事項を明確に把握できない②具体的なポイントを可視化できない⑶ 注意力が散漫=心配・関心の幅が広い以下のタイプの人は注意力不足で「ついうっかり」を起こしがち。①食事中にスマホを気にしている②会話の途中で全く違うことを思い出して急に話題を変えるしっかり会話の内容を聞いていないことでミスをしたり、メッセージを誤送信してしまったり。⑷ 見直さない仕事がどんなに早くても、チェックせずに進めたらミスが起こることも。見直さないものは記憶に残りにくく、後日大切なポイントを思い出せなくなります。⑸ 記憶力は高められます!記憶力がいい人の共通点は以下です。❶覚えるべきことを選別している長期記憶にするには以下が必要。「何度も繰り返しインプットすること」しかし、そのためには、覚えるべきことを選り分けなければなりません。記憶力がいい人は、覚えることと覚えなくてもいいことの区別を自然とつけています。 仕事ができる人は、メモ+マーカー。Ⓐ商談中はメモをして聞き漏れを無くすⒷ重要な所はマーカーを

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました