語学の勉強の仕方

塾・教職ニュース
東南アジア研究をまともにやるにはたくさんの言語を覚える必要がある。私は日本語・英語・テトゥン語は流暢に話せるし、読み書きできて、たどたどしく話せるという意味ではポルトガル語・インドネシア語・セブ語も研究で使うくらいにはできる。あまり使ってないけれど、フランス語の準2級も持っている。学校で習った英語以外、ほぼ独学だ。日本の中学校から大学までの外国語の勉強は、順番が若干おかしいと思う。多分、間違えるとかっこ悪いからということで文法から最初にやるわけだと思うのだが、間違えないでひとつの言語を覚えようというのがそもそもありえない。経験的に言って、文法と単語ばっかり6年やっても全然その言語を使えるように

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました