分散登校とLINEを使った分散授業⑥~デメリット~

塾・教職ニュース
デメリット(指導者)①不慣れにより、普段の授業進路より遅くなった。②少人数で、生徒同士が離れているので、生徒同士のシェアーを取らせること難しかった。(今回は仕方がないですが)③教室外にいる生徒の学習状況を把握できなかった。また、学校側にそれなりの機材の準備が必要である。④教室外のグループの生徒とのLINE(文字)と着信音でのやり取りで、十分な学習とコミュニケーションが取れたとは言えない。今後Live動画での生徒の把握が必要だが、そこにも大きな課題があることが見えてきた。⑤ペーパーレスにより、全ての情報がスマホの中に入り込み、状況が可視化できず授業進行に戸惑う場面があった。指導者側の的確な指示と

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました