#7 通学講座でリアル仲間…そして、試験直前の一体感…勝手な自信に変換。

塾・教職ニュース
ボクが資格取得した中で一番の思い出といえば、一級建築士取得の時…と言い切れます。そんな時、学び以外に得るもの、同じ目標を持つもの同士のコミュニティの大事さ。これを知った思い出のお話。一級建築士ばかりは、さすがに、苦労せずに取得できました!なんだかんだ余裕でしたよ!なんて、語ることできない…そんな感じ。取得したきっかけ、具体的な勉強法、どんな生活リズムで学びを継続したか、この記事では割愛するとして。学科試験が2年目で通過、二次試験の実技製図試験は2年目で合格、勉強期間的には、4年程度掛かって取得。(学科試験不合格→翌年学科試験合格→その年に二次試験不合格→(★)→翌年二次試験合格)基本は、いわゆる有名資格予備校、(N学院かS学院のこと)に通ってました。始まりから終わりまでずっとです。そりゃ、それなりに費用は掛かりました(汗)二次試験である実技製図試験は、その当時は2回受験猶予が効き、いわゆる角番と呼ばれるラストチャンスで一級建築士の資格取得の夢叶えた…そんな感じです。資格予備校では、いわゆる数名程度のグループで一人の講師に教わりながら、試験へ向かい学びを進めていきます。ここ最近、いや、それなりに前から独学、通信講座、通学講座、はたまたSNSなどでの学びという様々なスタイルが発展している中、一級建築士の二次試験はやはり通学講座が主流じゃないのでしょうか。そんなラストチャンスの角番、もう

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました