教師は「美しい日本語」を 不易の遺産の継承者たれ(細谷美明)

未分類
教育新聞論説委員 細谷 美明
国語は乱れていないのか文化庁が実施する「令和元年度 国語に関する世論調査」の結果が公表された。それによると、「国語が乱れていると思うか」との質問に「乱れていない」と答えた人の割合が30.2%と、過去5回の結果の中で最高の数字であるとともに、1999年度(10.3%)との比較で見ると3倍も増加している。今後、わが国のグローバル化が進む状況の中で、この結果を教師としてどう捉えたらよいのであろうか。

「乱れていない」と思う理由として「言葉は時代によって変わるもの」(39.0%)、「多少の乱れがあっても根本的には変わっていない」(29.9%)が上位を占めている。こ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました