劣等生の僕の「勉強する理由」

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
 勉強しなきゃいけない状況になるたび、なんで勉強なんてしなきゃいけないんだろうと憂鬱になっていた。 「勉強する理由」についていくら考えても、ただただ時間だけが過ぎて、憂鬱になっていた。 結局のところ、「人それぞれだ」と言ってしまえば、それまでなのかもしれない。 ほんとにその学問が好きで、数学だとか物理だとか、謎解き感覚で解いてる人もいるだろうし、「将来の選択肢を広げるため」だとか、「刺激的な友人に巡り合うため」だとか、ちゃんとした理由を持ってる人も、案外多いかもしれない。 でも、どの理由も、僕の勉強する理由にはなれなかった。 どの理由を聞いても、勉強を頑張る気にはなれなかった。 理系の大学に入って、何の役に立つかもわからない教科を、なんとなくやってる今、やっと自分の理由がわかったかもしれない。理屈じゃなく、感覚で。 「安心するため」 それが自分の理由なんだと思う。 今勉強しなかったら、将来何もない人間になってしまいそうで不安だ。 今課題をやらずに、退学してしまったら、その場しのぎでなんとなく生きて、なんとなく死んでしまいそうで不安だ。みんなより成績が悪いと、みんなより不幸な人生を歩んでしまいそうで不安だ。何の夢もないから、何かしていないと不安だ。 だから僕は、勉強する。「束の間の安心」を、手に入れるため。「安心するため」に勉強していると思うと、気が楽になる。 余計なことを考えず、勉

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました