劣等生の僕の「勉強する理由」

塾・教職ニュース
 勉強しなきゃいけない状況になるたび、なんで勉強なんてしなきゃいけないんだろうと憂鬱になっていた。 「勉強する理由」についていくら考えても、ただただ時間だけが過ぎて、憂鬱になっていた。 結局のところ、「人それぞれだ」と言ってしまえば、それまでなのかもしれない。 ほんとにその学問が好きで、数学だとか物理だとか、謎解き感覚で解いてる人もいるだろうし、「将来の選択肢を広げるため」だとか、「刺激的な友人に巡り合うため」だとか、ちゃんとした理由を持ってる人も、案外多いかもしれない。 でも、どの理由も、僕の勉強する理由にはなれなかった。 どの理由を聞いても、勉強を頑張る気にはなれなかった。 理系の大学に入

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました