小3体育「ボール運動 ネット型ゲーム」指導のポイント

塾・教職ニュース
執筆/滋賀県公立小学校教諭・山田寿樹編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、滋賀県公立小学校教頭・内藤康司



授業づくりのポイント

三年生の「ネット型ゲーム」では、「ラリーを続ける楽しさ」を味わうことを大切にします。まず、単元前半の「田んぼラリー」では、ラリーが続くようにどんなボールが取りやすいのかを考えて学習を進められるようにします。そのためには、片手や両手ではじく動作を習得し、相手が取りやすいボールを返球するための基礎技能を身に付けられるようにしましょう。また、単元後半では、前半で身に付けた基礎技能を生かして、「小中高大」のゲームを行い、相手に取られにくいボールを考えて学習を進めることで、ボールの落下点や操作しやすい位置に移動する動きを身に付けられるようにしましょう。

単元計画(例)

クリックすると、別ウィンドウで開きます

※前半は、ラリーを続けることを楽しみ、後半は、相手チームと対戦してラリーを楽しもう

楽しむ① ペアやチームで協力して、ラリーを続けるゲームを楽しもう

ボール操作は、力加減を工夫してねらった場所にはじくようにするために、下からボールを打つようにします。

下のイラストのように、一人で壁パスをしたり、ペアでパスを続けたりするなど、この活動では毎時間の記録を残し、技能の高まりが感じられるようにしましょ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました