歴史と経済61〜日本学術会議〜

塾・教職ニュース
日本学術会議で大学入試改革と歴史教育に関するシンポジウムが開催された。学習指導要領が改訂されても、現場の動きがすぐに変わるわけではない。しかし、大学入試が変われば、高校の授業のあり方から定期考査に至るまで一気に変わる可能性は出てくる。高校は生徒を上級学校や社会へと送り出す立場にある。きれいごとではなく、生徒に力をつけ、自己の力で道筋を切り開く支援に力を尽くすことを強いられる。保護者の多くも大学に進むことができるのか、あるいは無事就職できるのかが関心の的である。しかし、高校現場がこの期待に応えるのは容易ではない。歴史教育は生徒の社会認識の形成を図り、社会的な見方・考え方を活用して社会の構造を捉え、市民的資質を育成する。歴史を通じて大きな時空間における概念や文脈を知ることで、社会の見方を深め、多様な人々のあり方を知ることができるだろう。過去の人の考え方を資料から読み取り、現在の自分とのつながりを見出した時、歴史に楽しさ見出すことができるだろう。こんな見方があるのかと、現在や未来についての深い洞察ができるようになってくる。そして、さまざまな価値観を知ることで自分の価値観を相対化できることも見逃せない。こうした資質や能力は社会に出たときに役に立つだろうし、大学で学ぶ上でも有効に働くに違いない。それにも関わらず、これが大学入試の得点に直結しなかったのがこれまでのジレンマとしてあった。日本史や

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました