宅地建物取引士の試験を受けてきた(結果編)

塾・教職ニュース
さて、試験の緊張感からいつの間に開放されたのか、昨晩は、録画しておいた鬼滅の刃を2/3まで見たあと、ころっと寝てしまった。で、朝起きて、やっぱり採点しておかないとな、という気運になり、2社の解答速報を見比べたうえで、答合わせをしてみた。過去問をよく解いていた経験から、だいたい、こういう印象を持ったらいくつぐらい間違えている、という感覚を得ていたので、だいたい想像していたけれど、それより少しましで、間違っていたのは全部で7問。試験5日前に「そゆこと?」jとなった国土法が連続3失点したものの、直前にみた不動産大学の中でいくつかピックアップしてみた動画に、そのものズバリの問題があって、ものすごくラッキーだった!例えば名匠の絵画の贋作の話はそのまんまだったし、天井の高さ2.1mは平均のことだとか、エレベータに乗ったらサーティーワンを思い出せばいい、というあたり、助かった~。あとは、50問目の建築の話はまるでわからなかったけど、49問目が4が×だったから多分4じゃないだろう、1と2は同じことをいってるから〇に違いない、なら3を×にしておこう、みたいな、過去問で鍛えた推測力で正解、過去問で解き方に慣れておくというのは邪道だけどアリかなと思う1点GET。よし、法務省に「登記されていないことの証明書」を取りに行くぞ(*^-^*)続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました