帰国生受け入れ校からのメッセージ 玉川学園中学部・高等部

受験情報
この情報は2021年度入試に関する内容です。
Q.帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は国内生と異なっていますか。
A.IBプログラムではMYPの言語(英語・日本語)の授業のみ、年に一度フェーズと呼ばれるレベル分けを行います。入学時に生徒たちは英語のプレイスメントテストを受け、その結果から中学1・2年生(7・8年生)は6段階、中学3年生・高校1年生(9・10年生)は4段階のレベルに分けます。日本語の授業においても同様にレベル分けを行い、生徒それぞれのレベルに合わせることができるようにしています。帰国生は、英語の授業において海外の滞在期間や場所にもよりますが、多くの場合は高いレベルのフェーズに入ります。日本語のレベルについては、海外滞在中の日本語の利用状況によりさまざまなレベルに入ります。IBプログラムでは体育、音楽、さらに中学ではデザインや美術などの実技科目が日本語で行われます。
Q.帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。
A.IBプログラムでは1時限目の前に英語サポートの授業を行っています。さらにスタディーホールを放課後に曜日ごとで教科を指定して行っています。このように生徒たちが、それぞれの教科の先生に質問できる体制を整えています。また生活主任の先生が、帰国生が早く学校に慣れていくためのサポートを担当し、学習の進捗状況等を細かく確認しています。
Q.

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました