「合理的配慮」とは?【知っておきたい教育用語】

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
「合理的配慮」とは、障害のある人がない人と同じように自らの権利を行使できるようにするための必要かつ適当な配慮を指します。教育においては、特別支援学校から通常の学級までのすべての場で提供されることが必要です。

執筆/上越教育大学教授・河合康



教育における新しい重要な概念

「合理的配慮」は、2006年12月13日に国連で採択された「障害者権利条約」(日本は2007年に署名、2014年に批准)の中で用いられている新しい重要な概念です。条約の第2条で「合理的配慮」とは、「障害者が他の者と平等にすべての人権及び基本的自由を享受し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合に必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないもの」と定義されています。 

第24条において教育に関する規定がなされていますが、「合理的配慮」についても、同条第2項で、「個人に必要とされる合理的配慮が提供されること」と明示されています。ここからも、条約全体の原則である「合理的配慮」が教育においても重要な概念であることがわかります。

日本では2009年の閣議決定により、「障がい者制度改革推進本部」が設置され、この本部が、「障害者の権利条約」の締結に必要な国内法の整備をはじめとする日本の障害者に関する制度の改革について検討しました。こ

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました