中国の雑誌「读者」との出会い

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
初めて「读者」を知ったのは、2014年、愛知県岡崎市で新卒就職した時に、中国語に触れる機会をキープしたいと、図書館で中国語の雑誌を探してきたことだった。2冊借りて読んでいたところ、コーヒーをこぼしてしまい、結果それを買い取ることになり、家の本棚に置かれることとなった。思えばこれが「读者」との出会いである。それから7年たった今、生の中国語の文章、言い回し、そこから読み取れる中国人のものの考え方、そういったものを学ぶために一日5ページという日課を自分に課して読み始めること約2か月である。「读者」は月2回発行される中国の雑誌である。内容は多岐にわたり、現代社会の話題や人間関係、歴史、芸術などあらゆるジャンルの文章を各業界から集めてきて掲載している。中国人によって書かれた文章のほか、欧米や日本の著作を中国語に翻訳したものも掲載されている。主な読者層は中国の中高生で、多くの中国人が学生時代に読んだことがあると答える雑誌である。1冊が72ページと充実した内容であるにもかかわらず価格は9元と非常に安価である。ただこの本を購入しようと思うと、日本ではごく一部の外国語文献が豊富な書店や中国の物産店を除き、入手が困難である。最新号はなおさら手に入りにくい。私が過去に入手したのは岡崎市立図書館で買い取ったものと、池袋の中国専門の書店で買ったもの、それから中国の友人に送ってもらったものだけである。続きをみ

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました