人生で一番やっちまった瞬間の話

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
高校生の頃、私は実は英語部に所属していた。"実は"というのはいわゆる幽霊部員というものだったからだ。顧問のネイティブスピーカーの先生に泣きながら英語で「辞めたいんです」と話したのに、なぜか辞めさせてもらえなかったことをよく覚えている。今思うとなぜ泣いていて、そしてなぜ辞めさせなかったのかは完全に謎である。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました