GIGAスクール構想における教員の存在意義について

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教育行政に関わる20代職員(教員ではありません)としての素朴な疑問です。教育の現場、とりわけ公立の義務教育の教壇に立つ教員の皆様からの率直なご意見をお聞きしたいです。GIGAスクール構想における教員の存在意義についてです。教育現場を離れた目線から見ている者の率直な感想が書かれているゆえ、不快になられた方には申し訳ありません。建設的なものであれば、批判的な意見も沢山聞きたいです。各自治体によっては導入状況が異なるかもしれませんが、全体的なスキームとして、令和2年度中に各学校のネットワーク環境の基幹工事を終え、当初計画から3年前倒しで、一人一台の端末を順次配備していく計画と承知しております。(すでに配備済みの学校もあるかと思います。)この構想は、これからのAI時代を踏まえ、加速度的に変化していく社会に対応できるよう、一人一人の児童生徒の能力や学習状況などに合わせ個別最適化された教育を施す環境を整備することが目的とされております。そのために、一人一台タブレットなどの端末を配備し、それらを前提としてこれからの授業を構築していくものです。そこで思うことが、公教育の目的の一つである教育の機会均等の趣旨から考えると、①全国的にトップレベルに教えることが上手い教員の授業内容を録画し、全国一律でその授業の受講を基礎学習とする。(例えば学習指導要領に位置付けるなど)②①理解度に応じて、習熟度別にクラス

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました