性教育は幼いうちから科学的に 産婦人科医の高橋幸子氏に聞く

スポンサーリンク
未分類
ネット上にゆがんだ性情報があふれているのに、学習指導要領に歯止め規定があるせいで、多くの若者が十分な性教育を受けられていない。そんな状況に危機感を抱いた産婦人科医の高橋幸子さんがこのほど、小学生向けの性教育の本『サッコ先生と!からだこころ研究所』(リトルモア)を刊行した。子供たちにうまく教えるには「幼いうちから」「科学的に」がコツだという。■幼いうちに科学的にサラッと――学習指導要領には「受精に至る過程は取り扱わない」「妊娠の経過は取り扱わない」という“歯止め規定”がありますね。学校の先生もどう伝えたらいいのか分からなくて、「生徒から質問されたら嫌だな…」と思っているのではないでしょうか。保護者も困っていますが、うまく関われないでいるのは先生も同じでしょう。この本は子供たちにアドバイスするスタイルで書いていますが、大人も知識のアップデートになるし、子供に聞かれた場合にどう答えるかが分かるようになっています。科学としてサラッと伝えればよくて、快楽に関しては棚にあげておいても大丈夫ということを伝えたいですね。

東京都は2019年3月に「性教育の手引」を14年ぶりに改訂しました。学習指導要領に示されていない内容を含む授業を実施する場合は、「保護者の理解・了解を得て進めましょう」ということになっています。たとえば外部講師を呼んで教育するけれど、あらかじめ保護者に連絡して参加するかどう

リンク元

スポンサーリンク
未分類
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました