FAA試験内容

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
民間航空会社のパイロットを目指し、アメリカで訓練を行うと(自社養成で行われるMPL課程を除き)最初にあるのがPPL試験です。PPLはPrivate Pilot Licenseのことで、日本では自家用操縦士免許といいます。小型の飛行機を操縦するための免許です。事業用ではないため操縦の対価を受けることはできません。車の第一種免許と同じです。PPLの試験ではwritten testとoral checkとflightを行います。written testはパソコンを用いた3択問題で、過去問ばかり出題されるのでそれほど難しくはありません。Oral checkは基本的にflightと同じ日に行われ、PPLに関する知識を口頭で質問され、それに答えます。アメリカの試験なのでもちろんすべて英語です。written testの出来具合によって試験時間は異なります。およそ1時間から2時間ほどです。flightは実機での飛行試験です。これらはすべてACS(Airman Certification Standards)にのっとって行われます。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました