子供へのネットによる健康被害 コロナ禍で高まると声明

スポンサーリンク
未分類
インターネットを安心・安全に使うための対策や教育の重要性を考える「セーファーインターネットデー」にちなみ、ユニセフ(国連児童基金)のヘンリエッタ・フォア事務局長は2月9日、声明を発表し、コロナ禍の影響で、インターネットによる子供の心身への健康被害のリスクが高まっていると警鐘を鳴らした。

声明では、新型コロナウイルスによるオンライン授業などの普及で画面を見る時間(スクリーンタイム)が増加し、屋外での活動の減少や睡眠の質の低下、不安症状の増加、不健康な食習慣など、子供たちの心身の健康に対する懸念が高まっていると指摘。……
Source: 教育新聞

リンク元

スポンサーリンク
未分類
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました