継続できない理由

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
大人になってから継続したいと思って始めたことでも、継続できないということが増えた。例えば、筋トレ・読書・勉強などである。これらは結局自分が本当にモチベーションを持ってやりたいと思うことではないから継続できないのだと思う。自分は高校生までは比較的継続できる人間だったように思う。これは本当に自分がモチベーションを持ってやりたいと思っていたことがあったからだと思う。中学生・高校生の時はバスケに打ち込み、ほぼ毎日始発で朝練に行き、自宅でトレーニングもした。トレーニングの効果が減少しないようにと、スナック菓子もほとんど口にしなかった。さらには広くもない自宅の庭にクリスマスプレゼントとしてゴールを設置して練習するほどだった。さらに高校二年生の頃にはクラスでほぼ成績ビリの状態から、志望校を設定し毎日長時間勉強してそこそこの大学にも合格した。ただ大学入学後から今まで、これらのように継続して何かに夢中になれた記憶がない。何かに夢中で取り組んでいる期間は、辛いことよりも充実感にあふれていた記憶がある。だから新しくそのようなものを見つけたいと思ってきたが、今まで見つけられていない。過去の体験を振り返るのは重要なことだと思うので、過去夢中で取り組めた二つの事例を分析してみたい。一つ目はバスケの事例である。バスケについては~大会の~回戦進出などの明確な目標は全く持っていなかった。ただバスケが好きだったのと、

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました