コロナ下の進学受験相談会、立川で開催

塾・教職ニュース
 代々木進学ゼミナール(東京・昭島市、嶋田弘尊代表)は9月22日、「第33回 進学受験相談会」(後援:全日本私塾教育ネットワーク・立川市教育委員会)をホテルエミシア東京立川(旧立川グランドホテル)で開催した。 コロナ下での実施となり、同社内でも「数の地域から多くの人が集まるイベントを実施していいのか」、「全てオンラインで済ませればいいのではないか」と侃々諤々の議論がされたというが、参加する中学・高校の先生方や、大学の入試広報関係者の方々、そして何より、学校の情報を得られる機会を求める生徒、保護者らから熱烈な要望が寄せられ、会場での実施を決めたという。

会場の様子

 実施にあたっては、5つの対策を実施。①スタッフのマスク・フェイスガード着用②来場者にマスク着用・連絡先記入を要請③スタッフ・来場者全員に最新ドイツ製のサーモグラフィー実施(協力:YACガーター)④1時間の入場者を300人までとし、時間帯ごとに色分けしたリストバンドを着用⑤定期的に椅子・手すり・ドアなどを消毒 また、中学・高校、大学のブースの数も制限したことにより、パンフレットのみの展示となる学校も多かった。加えて一部の大学では、ブースにパソコンを置き、オンラインで相談を受ける形で実施した。オンライン相談は各大学でも実施しているものの、進学受験相談会でオンライン相談を実施したことによって、それまで志望校に入れて

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました