国語の教材分析⑥ ~分析の観点「主題」~

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
Instagramでは1万人超えのフォロワーに支持され、多くの女性教師のロールモデルにもなっている樋口綾香先生による人気連載! 国語の教材分析シリーズ第6回は、「主題」を切り口に、教材を読み深めていくポイントについてお伝えします。

執筆/大阪府公立小学校教諭・樋口綾香

イラストAC

【関連記事】国語の教材分析① ~教材分析で大切にしたいこと~国語の教材分析② ~分析の観点「題名」~ 国語の教材分析③ ~教師と教材との出合い~国語の教材分析④ ~分析の観点「冒頭」~国語の教材分析⑤ ~分析の観点「事件と山場」~

「主題」とは

「主題」の定義について、『国語教育指導用語辞典・第四版』において、寺崎賢一氏は次のように述べています。

“日本の国語教育における文学的文章の「主題」の定義は、国語教育史と文学理論の変遷とを考慮したとき、「作家論」的立場、「作品論」的立場、「テクスト論(読者論)」的立場の3つに分けられるだろう。”

かつて、戦後の主題指導は、「作家論」的立場と「作品論」的立場が主流でした。

「作家論」的立場の主題の定義は、「書き手が書き表そうとした中心の考え」であり、「作品論」的立場の主題の定義は、「作品に描かれている人間の生活現象に内在している一般的なもの・本質的なもの」とされています。

3つの立場で定義が異なる主題は、平成

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました