高校の道徳教育 軸となる内容と方法の検討が必要(工藤文三)

スポンサーリンク
未分類

教育新聞論説委員 工藤 文三



高等学校における道徳教育
高等学校における道徳教育は、「人間としての在り方生き方に関する教育を学校の教育活動全体を通じて行う」こととされてきた。この「人間としての在り方生き方に関する教育」を「通じて行う」との文言は、1989年の学習指導要領改訂以降用いられてきた。

「人間としての在り方生き方」としたのは「生徒が自己探求と自己実現に努め国家・社会の一員としての自覚に基づき行為しうる発達の段階にあること」などにある。高校生の発達段階を考慮して、単に道徳教育ではなく、「人間としての在り方生き方に関する教育」としたわけである。

一方、中学校の特別の教科道徳(時間)では、89年改訂以降「人間としての生き方」が目標に示されてきた。……
Source: 教育新聞

リンク元

スポンサーリンク
未分類
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました