Withコロナの二学期~子供のストレスコントロールのために担任ができること~【分析用データ付き】

塾・教職ニュース
長期のコロナ禍、短い夏休みからの授業再開で、子供たちも保護者もストレスを心に抱えながら二学期の生活を送っています。また、過剰な不安やストレスを抱えている子だけでなく、過小な不安やストレス、感じない子供たちのことも意識して対応していくことも大切です。 子供のストレスタイプの違いによる対応を紹介します。

執筆/ろりぽっぷ学園カウンセラー・キャリアアドバイザー・八巻寛治

写真AC

コロナストレスのアンケートから

この夏休みに、各地の研修会やオンライン研修会等で声をかけていただき、「Withコロナの子供と二学期スタートに向けて~子供のストレスコントロールのために担任ができること~」というタイトルで研修会や勉強会を行いました。例年よりはだいぶ少ない6か所で、約200人の方に参加していただきました。その際、アンケートを行い、128人に回答いただいた結果は次の通りです。

〇質問「『子供のストレス』について知りたいことは何かありますか?」 ・知りたいことがある 95%・特にない 8%n=128(教育・保育関係者。ただし、男女比、年齢、経験年数等不明)

「知りたいことがある」で特に多かったものは次の通り。

子供がストレスを感じているかを把握する方法を知りたい。学年ごとに抱えるストレスは異なると思うが、学年に応じたストレスケアの方法と子供のストレスにつ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました