日本語教師プロファイル後藤理恵子さん―人生はいくらでもやり直せる!

スポンサーリンク
塾・教職ニュース

今回ご紹介する後藤理恵子さんは、看護師として働いた後、英語教師、日本語教師となった異色の経歴の持ち主です。現在はご自分のスクールも持ちつつ、専門学校でも教えられています。後藤さんに二つの言語を教える際に大切にしていることや、これから目指したいことについてお話を伺いました。
30歳で英語を学び始め、42歳で英語教師に
――語学教師になるまでの経歴を教えてください。
高校を卒業して看護学校に進み、病院や整形外科のクリニックで看護師として働いていました。でも30歳になった時に「私って一生ナースしかできないのかなぁ。」って思ったら、突然自分の人生がつまらなく思えてきて。何か別のことをやりたい!って思ったんです。でも特別な何かがあるわけでもなく、とりあえず英語でも勉強しようかと。実はそれまで英語は、洋楽や映画が好きなぐらいで、どちらかと言うと苦手な分野だったんですけど、英文法を基礎から勉強し直したら面白くなってのめりこみました。それで看護師をしながら夜間の大学に入学し、英語学という英文法を研究する学問に出会いました。その大学には日本語学科もあって、英語学科と共通した科目もありました。日本語教師になるとは全く考えていませんでしたが、何かの足しになるかもと思って日本語学系の単位も取りました。
――それですぐ語学教師に?
いえ、大学卒業後も看護師は続けていて、英語は趣味程度になってしまいました。

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました