4月にやっていたこと

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
製図試験申し込みエスキス作図手順試行錯誤引き続き標準解答例トレース記述トレース引き続きビリケツドリルやる課題分析シートの作成 新年度で職場が異動になった。通勤時間が倍以上になったが、定時退社しやすい環境になった。さて4月になったので、なにより大事な受験申込をする。過年度ともなれば、電子申請も慣れたものである。今年は会社の後輩が初受験とのこと、これまでにも何人もの後輩同期先輩が私を追い抜いていった。あんな思いはもうたくさんだ。 4月からエスキス手順と作図手順を検討し始めた。いままでやっていたエスキスと作図の流れをとりあえずノートに書き出して、エクセルで表にした。よくやるミスや不合格になりそうなミスをどこで防ぐかを明確にしていく作業だ。7月までにある程度固めておきたい。 そして、標準解答例をトレースするにあたって、作成した作図手順に則って行い、トライ&エラーを繰り返した。トレースに少し飽き始めてきた感があるので、記述の練習として過去問の解答例を丸写したりしていた。 ビリケツドリルは朝の通勤電車で座りながら、やり続けていた。簡単な数値計算と室配置なので多少の揺れも関係ないし、モノグラフ(おしりにノック式みたいな消しゴムがついたシャーペン)一本あれば、エスキスとか検討出来て便利だった。若干「こいつ、なにしてんだ?」みたいな視線を感じたりはする。 過去問や課題を解いた時の反省や振り返

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました