小5理科「台風と気象情報」指導アイデア

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
執筆/大阪府公立小学校指導教諭・小髙大輔編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、大阪府公立小学校校長・細川克寿

イラストAC

単元のねらい

台風の動きに着目して、それと天気の変化とを関係付けて、天気の変化の仕方を調べる活動を通してそれらについての理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主に予想や仮説を基に、解決の方法を発想する力や主体的に問題解決しようとする態度を育成する。

単元の流れ

(二次 総時数 4時間)

一次 台風の動きと天気の変化(2時間)

【活動アイディア例】

① 台風の動きと天気の変化について調べよう。

二次 台風による災害や災害に対する備え(2時間)

① 台風の風や雨による災害について調べよう。

風で物が飛ばされて、物を壊すことがあるんだね。

短い時間で、たくさんの雨が降るんだったね。

風で木や電柱が倒れることがあるんだね。

台風の雨で、洪水や土砂崩れが起きているよ。

子供は、台風について、これまでに台風の通過を経験したり、ニュースで見聞きしたりして知っています。そのため、台風について調べたいとはなりにくいものです。そこで、台風についてよく知らないことを自覚させることで、台風について調べたいと思えるようにし、一次の台風の動きと天気の変化について調べる活動や

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました