小1体育「ゲーム(鬼遊び)」指導のポイント

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
執筆/熊本県公立小学校教諭・藤本祥太編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、熊本県公立小学校教頭・村上剛史



授業づくりのポイント

鬼遊びは、一定の区域で逃げたり、追いかけたり、相手の陣地を取り合ったりしながら勝敗を競い合うゲームです。身近な遊びにもつながりやすいことから、区域や用具などを工夫した簡単な規則の鬼遊びを楽しく行いながら、逃げたり、追いかけたり、素早い動きを身に付けることができるようにしましょう。さらには、友達と一緒に活動に取り組みながら、たくさん体を動かしたり簡単な攻め方を考えたりして、できるようになった喜びを全ての子どもが味わえるようにしましょう。

単元計画(例)



※前半は様々な鬼遊びを行いながら楽しさに触れ、後半は攻めと守りのある運動など、グループで楽しむことを想定しています。

楽しむ① いろいろな「鬼遊び」で楽しもう

鬼遊びでは、安全面に対する注意事項を伝えたり、走る方向などの場の設定をしたりすることが重要となります。その上で単元前半では、簡単な規則の鬼遊びを複数取り入れることで楽しみながら活動を進められるようにし、鬼から逃げたり相手を捕まえたりする素早い動きを数多く経験できるようにします。また、規則や場に少しの変化を加えつつ短時間で行っていくことが、子どもの「やってみたい」という意欲を引き出すポイント

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました