亥の子とはどんな行事? 由来や歴史、亥の子餅の作り方や亥の子唄、亥の子祭りについて解説

幼稚園・小学校
目次亥の子とは亥の子には何をする?亥の子唄・亥の子歌とは亥の子餅とは?京都&国内の亥の子餅のおすすめ亥の子には、亥の子餅で子孫繁栄や無病息災を願おう!日本の伝統行事のひとつである「亥の子」。もしかしたら、全国的にあまり知られていない行事かもしれません。そこで当記事では、亥の子はいつなのか、どんなことをするのかを、その由来・歴史とともに解説していきます。また、亥の子に食べる亥の子餅や、亥の子に歌う亥の子歌(亥の子唄)、京都や国内の亥の子餅のおすすめもご紹介していきます。
亥の子ってどんなことをするの?
亥の子とは
「亥の子」は、「亥の子の祝い」、「亥の子祭り」ともいわれる行事です。これは、いつ行われ、どんなものなのか説明していきます。
亥の子の意味
「亥の子」は、「いのこ」と読みます。これは、亥の月の最初の亥の日に行われる行事で、田の神様をお祀りする収穫祭のことです。
おもに西日本で行われる行事なので、東日本ではなじみがないかもしれません。
亥の子は2020年11月4日
亥の子は、亥の月の最初の亥の日に行われます。亥の月や亥の日とは何なのかを説明しましょう。
かつては、年・月・時刻を十二支で表していました。亥の月とは旧暦の10月のことで、新暦である現在では、11月のことを指します。亥の子は、亥の月の最初の亥の日なので、2020年は11月4日となります。
2020年以降5年の亥の子の日

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました