CBT方式【教育用語】

塾・教職ニュース
教育分野でたびたび耳にするようになった用語や押さえておきたい用語を、深く掘り下げて解説します。今回は「CBT方式」を取り上げます。

執筆/東京福祉大学専任講師・中園長新



CBT方式とは

CBTとは“Computer Based Testing”の略で、「コンピュータ上で実施される試験」のことです。従来のように問題用紙が配付されて解答用紙に鉛筆などで記入する方式とは異なり、問題提示も解答入力も、あるいは採点作業もすべてコンピュータ上で実施します。なお、インターネット経由で実施する試験は特にIBT(Internet Based Testing)と呼ばれることもあります。

CBTはコンピュータで実施するため、システムを準備すれば原理的には受験者がどこにいても試験ができます。しかし、解答に用いる機器を統一したり、カンニング等の不正を防止したりするため、CBT方式による資格試験(英検、漢検、ITパスポート試験等)では、運営者が用意した会場とコンピュータで実施している例が多いようです。

CBT方式のメリット

CBT方式には様々なメリットがあります。問題用紙や解答用紙の印刷・配付・回収の手間がかからず、紙の調達や保管が不要である点は、省力化・省資源化を是とする現代の風潮に合致しています。システムに正解の情報を入力しておけば、解答後すぐに自動採点したり、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました