国際教育協力をアメリカの大学院で学ぶなら、今なら私の第一志望はここ

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
こんにちは、理事の畠山です。前回の理事の山田による愛校心溢れるサセックス大学の解説で幕が開いた「海外の大学院で国際教育協力を勉強する」ですが、私の番でどこの大学院について書こうかなと悩んだのですが、私が今アメリカの大学院を受験するならどこを第一志望にするか、で書いていきたいと思います。なぜなら、恐らく多くの人がアメリカで国際教育協力というと、ハーバード・スタンフォード・コロンビア大ティーチャーズカレッジを思い浮かべると思うのですが、それらは第一志望には入らないので、ちょっと面白いんじゃないかなと思ったからです。それでは、順を追って解説していきます。1. 第一志望のハーバード大を滑って、第二志望のミシガン州立大学へ来て、第三志望はピッツバーグ大だった話続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました