入試改革、有識者会議で骨子案 多面的な評価の在り方で

スポンサーリンク
未分類
大学入試改革に伴い、新たな評価方式や調査書の在り方について考える、文科省の「大学入学者選抜における多面的な評価の在り方に関する協力者会議」は2月12日、第10回会合をオンラインで開催し、これまでの審議をまとめた骨子案を公表した。学力の3要素である「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を大学入試で多面的・総合的に評価する上で、各大学に求める事項について整理した。また調査書の電子化を巡っては、「速やかな完全電子化を目指すべきである」と改めて強調した。

骨子案では、大学入試で多面的・総合的な評価をするにあたり、「各大学のアドミッション・ポリシーや選抜区分によって、志願者のどういう能力を特に重視して評価したいのかにより異なり、また評価方法も様々である」と、各大学に一定の自由度があると指摘。……
Source: 教育新聞

リンク元

スポンサーリンク
未分類
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました