新型コロナ対策は学校によって異なるの?【令和2年度新任教師のリアル】

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
これは、2020年4月に小学校の先生の道を歩き始めた、小学校教諭・優花と美咲(仮名)の対談連載です。ともに1997年生まれ、学生時代から仲がよい2人が、毎月の出来事を振り返ります。1月のテーマは「新型コロナ対策と子供たちの成長」。公立小学校に勤務する優花は冬休みを挟み、子供たちに生活習慣が定着していることを実感。美咲は私立小学校ならではの“受験”の影響について、感じるところがあったようです。

写真AC

●優花(ゆうか)……東京都出身。大学時代は道徳教育の研究に力を注ぐ。某県の教員採用試験に合格し、現在公立小学校3年生の担任。●美咲(みさき)…… 東京都出身。楽器の演奏、運動や体操が好き。学芸会や運動会など大きな行事の運営を研究。私立小学校2年生の担任。

受験とコロナ禍の影響で校内にザワつきが…

―― 3学期が始まると同時に、二度目の緊急事態宣言が出されました。子供たちの様子はどうでしょうか。

優花・ 日々の生活に真剣に向き合っていると感じます。冬休みを挟んでから子供たちに接すると、とても成長していることがわかりました。例えば、発言をするときは、「はい」と返事をし、起立する、椅子を閉まってから意見を述べるなど、細かい生活習慣部分で、規律が身に付いていたと感じました。

礼儀正しさが、よい授業につながっていくと感じたようです。これは私が、1~2学期

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました