なぜインターナショナルスクールを選んだのか?

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
我が家は中国(北京)、オランダと10年ほど海外で生活をしておりました。駐在当時の幼稚園の選択肢は以下です。1 日本人学校2 現地校(現地の言語)  *中国語が必須3 英語+現地の言語を学ぶ学校 *英語必須4 インターナショナルスクール *英語必須学費:2<1<3<4  *当時の情報です北京当初、せっかく海外にいるのだからと3の学校(英語+中国語)に申し込みをしておりました。ところが、よくわからない理由で入学ができないと連絡があり、日本人学校は考えていなかったので、慌てて4 インターを探し申し込んだ経緯です。ブリティッシュスクールにもとから思い入れがあった訳ではなく、その頃仲良くしていたインド人のご家族が通わせていることを聞いており、うっすら記憶にあった程度でした。結果的にこの時の選択がその後のオランダ、帰国後の学校選択に影響することになった訳ですが、本当にインターに通ってよかったと今でも思っています。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました