「勉強しなさい!」って一度も言われず東大と京大を輩出した家庭の教育方針

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
島根県という田舎から、同じ家庭で育って兄は東京大学、弟は京都大学に進学。そんな家で育った自分。兄がすごい勉強をしている!気付いたら東大に受かっていた。。。そんな姿を見ているので、「勉強したら東大にいけるんだ」って、楽観的に考えていたのが中学生の頃。(3歳違いで、高校は入れ違い)田舎の中では一応の進学校だったので、1年生の時から志望校に東大や京大を書くことが習慣に。兄と同じは嫌でずっと京大って書いていたら、いざセンター試験で点数が悪くて担任の先生に「確実に受かるようにランクを落としなさい!」って言われても、京大にいきたくなっていたのが受験生の思い出です。(泣きながら一晩考えましたけど)兄も弟も、そんな大学に通っていたらさぞかし厳しい家庭だったのでは?っと聞かれることもありますが、「勉強しなさい!」なんて一言も言われたこともありません。むしろ、勉強し過ぎて頭悪くなるよ、って言われていたり。。笑◆「勉強しなさい!」と言われず、何を言われてきたか?続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました