心のこもった「6年生を送る会」にトライだ!【5年3組学級経営物語22】

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
通称「トライだ先生」こと、2年目教師・渡来勉先生の学級経営ストーリー。今回は、フォロワーシップです。6年を送る会の準備を進める時期。しかし、6年の問題行動の数々に、下学年の子どもたちは、心をこめて六送会を計画しようという気持ちになれずにいます。相互理解と信頼回復に取り組む鬼塚先生たち。はたして、6年は最高学年としての信頼を取り戻すことができるでしょうか。そして、5年はフォロワーシップの精神をもって、6年を送る会を実施できるでしょうか……。さあ、「フォロワーシップ」にレッツトライだ!

文/大和大学教育学部准教授・濱川昌人絵/伊原シゲカツ



2月②「フォロワーシップ」にレッツトライだ!

<登場人物>


トライだ先生(渡来勉/わたらいつとむ)教職2年目の5年3組担任。 真面目で子ども好きの一直線なタイプ。どんなことでも「トライだ!」のかけ声で乗り越えようとするところから、「トライだ先生」とあだ名が付く。トラブルに見舞われることが多く、学級経営の悩みが尽きない。特技は「トライだ弁当」づくり。


しずか先生(高杉静/たかすぎしずか)5年1組担任で、今年はじめて学年主任に抜擢された、教職10年目の中堅女性教諭。ベテラン教諭に引けを取らないリーダーシップぶりは、剣道五段の腕前に依るところも。産休明けで、子育てと仕事の両立に日々奮戦中。


リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました