6歳児とはじめての英語#5・・・「Big」「Small」 & これまでの応用

塾・教職ニュース
「英語らしさに慣れること」を目的に、3人目の息子(6歳)に家で少しずつ英語に触れさせ始めています。目的は、英検でも勉強のためにでもなく、人とコミュニケートするための英語に触れること。子供向け英語なので、きるだけシンプルに、わかりやすく、そして「効果的」、すなわち定着していき、使えるようになっていくことを大切にしています。すでに耳にしたことがある英語をうまく関連付けて、別の場面で重ねて触れることができると、子供の理解が進んで、定着を助けます。応用と言うのでしょうか、これには絵本がおすすめ。小さな子供が母国語を学ぶ時と同じで、会話に加えて、絵本やテレビなどで別の場面でその言葉に出会すと、その言葉の理解が進み、真似をし始め、使えるようになってきます。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました