「10代の女子が3年であいみょんのようなアーティストになる!」学校の国語の先生に作詞を習う、指導を受ける 関口 成一 著書

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
学校の国語の先生に作詞を習う、指導を受ける国語の先生、この方も要注意人物です。現国、国語の先生は文章の研究、内容の解説など文章の達人プロです。「この作者は一体何を言いたいのか?良く考えましょう」先生は良くそんな事を言いましたね。先生を選ぶならAと同じくらいの年齢で特に女性の先生が望ましいと思います。「あーA、先生も好きよ。歌詞がいいわよね!」こんな先生と出会えればベストです。そんな先生との出会い、これも運命です。「この歌詞の意味ってどう解釈しますか?」「この歌詞のAに気持ちはどう思いますか?」「これ主人公は男性ですよね?」こんな感じで国語のプロの専門家の意見を聞くのは重要です。そして作詞のやり方やテクニックも知っています。ぜひ先生に作詞を教えてもらい、自分の書いた詩も見てもらいましょう。また作詞のやり方の書籍や詩集などを紹介してもらうのも良いですね。具体的に先生のヒットソングのお勧めの歌詞の曲も聞き出すのも参考になります。その詞に関して先生と仲良く話をする良いきっかけになり、自然と国語の先生にも好かれる生徒になります。国語は受験科目なので、進学も一応考えている方にとっては一石二鳥です。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました