6年最後の学校行事「卒業プロジェクト」を成功させよう

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
卒業生にとっての三学期は、進学という新しい生活の「小学校生活の集大成の学期」です。6年間のまとめ、そして、中学校進学という新しい生活をスタートすることに向けての準備期間であり、自分を見つめ直す3か月でもあります。最大で最後の行事である卒業式に向け、卒業プロジェクトを子供たちの手で行っていきましょう。

執筆/ 広島県公立小学校教頭・川原陽子(広島県小学校教育研究会 特別活動部会研究部)



“中学1年生の0学期”と言われる6年三学期

1月から3月、この3か月間は、最高学年である6年生が5年生に学校の文化のバトンを渡し、5年生はそれを受け継ぎ発展させていくという大事な時期です。

昨年度、2月、3月の学校生活がなくなってしまったことでこの時期の重要性に気付かれた先生方も多かったのでは?

三学期は、次年度につなげる意識が大事です! 今年の取組が、来年の取組につながります。



思春期の入り口に立っている子供たち。心は刻々と変化し、成長しています。

6年生が自信と満足感を胸いっぱいに卒業式の日を迎えることができるよう、何をしたいのか、何をすべきか、何ができるかを子供たちと共有して、子供たちの願いを引き出し、その願いが実現できるようサポートしていくことが求められます。子供たちを信頼して任せてみましょう。

ゴールイ

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました