【発音矯正】英語の正しい発音 – L-

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
英語を学ぶ上で大きな壁になるのがRの発音と言われる。舌を上顎につけることなく発音するのが、慣れない人には難しい。日本の義務教育を受けて育つと「和文字の発音」を学ぶことは殆どなく、突然英語の授業で発音を学ぶという体験をさせられる。他の言語を習得しようと本を開くと、文字とその発音から学ばせようという本は多い。発音を正しく覚えることは、言語を学ぶ上でとても役に立つからだ。あれってLだっけ、Rだっけなんて悩むことがなくなる。つまり、言語学習をかなり楽にしてくれるからだ。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました