語学初心者が悩む文法のおきて    ~形容詞の一致~

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
 皆さんこんにちは。自称言語楽者ことnobitxanです。今日は外国語の文法のお話です。語学が堪能な皆さんの中には「外国語を話すのに文法はいらない。」と思っていらっしゃる方もおられるかもしれません。確かに以前の日本の言語教育は文法訳読中心で「話す」ということができていませんでした。その後会話中心の内容に見直されてきました。私も以前は「外国語の習得には文法はいらない。」と考えていました。しかし、最近の語学書を見ると文法の説明にページを割いているものが多くなったように思いますし自分も語学の検定試験を受けたり初心者に説明をする立場になると「なるほど文法を疎かにはできないなあ!」と思うようになりました。そして実際に文法を見直してみると「なるほど!」と思うことや「これってめんどくさい」って思うことが出てきました。確かに文法は複雑で厄介な部分が沢山あります。その上その複雑さや厄介さは当然ながら言語によって違っているのです。私は、初心者に文法の説明をするとき極力「文法」という言葉を使わないことにしています。そんな時は、「〇〇語を正しく話したり、書いたりするためのルール」と言っています。私たちが自動車の運転をするときも交通ルールに則って運転をしています。だから安全に自動車を運転することができます。万一ルールを間違えたり守らなかったりすると事故を起こしてしまいます。文法もこれと一緒で言葉を正しく読ん

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました